一条工務店 暮らし

【一条工務店】残土処分費用をタダ同然にした話

投稿日:

我が家では外構に関しては特にこだわりは無く、工事が必要な部分は業者(知り合い)にお願いして、芝生や花壇作り等、自分たち(殆ど僕)が出来る部分はやっていこうという話になっていました。

事の発端

あるとき一条から渡された見積もり費用の一部に残土処分費用が明記されていましたが、金額が30万程でした……土捨てるのに30万とか勿体ないと思いますよね。

人件費やらダンプの費用等でお金が掛かってしまうので仕方のないことなのですが、我が家の場合外構業者は一条経由で依頼するのではなく、個人的に知り合いに依頼する形だったので外構工事に着工できるのは引き渡し後となってしまいます。(変なシステムだとつくづく思います)

安くなりそう?

ということは家の基礎を作る際に出た残土と外構工事の際に出る残土で2回残土処理費用が掛かることになると思ったのです。そこで知り合いに「基礎分の残土処理って安くやってもらえたりする?」と聞いてみた所「全然いいよ」と二つ返事で了承してくれました。神さまかな?

そこで今度は担当の営業に電話をし事情を説明すると、「えっ!そうなんですか?………上司に相談してみます」とイマイチ反応が良くなかったのですが、その後の電話で「条件付きとなってしまいましたがOKもらえたので大丈夫です」とのこと。

条件というのは、基礎分と重機を入れる際にでた残土は庭の部分に山積みという形になってしまいますが、引き渡しが完了するまでは外部の工事業者は入らないようにお願いします。といった感じである程度予想していた通りだったので一安心でした。

残土処分費用

引き渡し完了から数日後に残土処理を半日掛かりでやってもらいましたが費用は作業者2名分で2万でした(笑)

たまたま近場に知り合いの知人の所有する土地があったらしく、そこに捨てる事が出来たから格安で済んだとのこと。(にしても安すぎるけど)まさか30万の諸費用が2万になるとは思っていなかったので本当に感謝です。

さいごに

最後の安くなった部分に関してはかなり運が良かったと思いますが、基本的に土を捨てる事自体にはお金は掛かりません。お金が掛かるのは捨てる為の人件費と運賃(燃料費等)です。工夫次第では十分に節約できる部分ですので、やってみて損はないと思います。

 

-一条工務店, 暮らし
-,

Copyright© ライフハックマーケット , 2018 All Rights Reserved.