一条工務店 暮らし

【一条工務店】ちょっと待った!!メーカーに外構工事依頼して大丈夫?

更新日:

外構工事業者を依頼するにあたって知っておくべきこと

皆さんはハウスメーカーから紹介された外構屋さんでなければ引き渡し前まで着工出来ないのをご存知ですか?

暗黙の了解というか一種のルールみたいなもので、はっきり言ってお客側にはなんのメリットもありません。20年近く前はそのようなルールはなく、好きな外構業者に自由に依頼出来ていたそうです。

このような事を踏まえて最初の外構業者の選び方は【ハウスメーカーお抱えの業者】【外部の業者】と大きく2種類に分けて考えると良いでしょう。今回はそれぞれのメリットデメリットについて解説していきます。

ハウスメーカーお抱え業者

 

メリット

  • 安心感がある(絶対安心とはならないので注意)
  • 営業マンを通して連絡をとれる
  • ハウスメーカーと外構業者に繋がりがあるので着工が早い(引き渡し前に工事)
  • お抱えなので、当然ながら同じハウスメーカーの家の外構工事経験がある為、家の特徴や着工までの流れを把握出来ている
  • 基本的には外構費用を住宅ローンに組み込むことが出来る

安心と時間をお金で買うような感じでしょうか。とにかく一番楽ではあると思います。

デメリット

  • 中間マージンが発生するため割高になる
  • 問題発生時に意味不明な責任のなすりつけ合いに巻き込まれる可能性がある(必殺たらい回し)
  • 単調な図面が出来上がる場合がある

「金はいくらかかってもいいよ~」という方はそのままメーカーに外構工事をして構わないと思います。一番手間が掛かりませんから。ですがその他の外構業者に依頼することで同じ工事内容でも数十万安くなるとしたらどうですか??やって損はないと思います。

僕自身一条工務店の営業から外構業者を2社進められましたが、いずれもデザイン案が単調だった(使いまわしレベル)のと物の割に高いなと感じてしまったので即座にお断りしました。

外部の外構業者

一部の外構に関する比較サイトでは外部の外構業者に工事を依頼した場合は別途でローンを組まなければならないと書いているサイトが一部見受けられますが、そんなことはありません。銀行によっては外部の外構業者であっても住宅ローンへ組み込んで借りる事が出来ます。家具や家電も同様です。ですので外部の外構業者であっても大丈夫なのかどうか、後々ごたつかないようにハウスメーカー、銀行とそれぞれに事前に確認しておきましょう。

実際に我が家が外部の外構業者と契約した住宅ローンには外構費用もキチンと含まれています。

外部業者を選ぶ際の注意点をまとめた記事はこちら
悪徳業者に注意!!外部の外構業者を選ぶ際の注意点

メリット

  • メーカーに依頼するよりも格段に安くなる
  • 選ぶ業者によってデザインは千差万別
  • 希望によっても様々なデザインに
  • 値段を抑えたい場合でもある程度希望に沿った施工が可能

デメリット

  • 業者は無数にあり、得意分野も様々な為、選ぶのが大変
  • 引き渡し後工事なので場合によっては駐車場の確保が必要になったりと何かと大変
  • 着工前や間もない日は雨が降ると泥だらけに
  • 銀行やハウスメーカーによっては住宅ローンに組み込めない場合もある

外部の外構業者のデメリットを並べてみましたが、はっきり言って我慢や努力でどうにかなる部分が多いです。駐車場に関しては場所によって難しいかも知れませんが……

結局の所どっちがいいの?

一概にどちらが良いとは言い切れませんが、僕としては外部の業者への依頼をオススメします。メーカーに依頼すれば安心感はあるかもしれませんが、本当に安心なんて保証はどこにもありませんし値段も割高です。

それなら外部の実績のある業者を何社かリストアップし、見学や見積もりを依頼し理想の外構業者を探したほうが良い結果に結び付くのではないでしょうか。

 まとめ

それぞれのメリットデメリットを把握したうえで依頼することが大切です。外構業者を決める時期は間取りやローンの審査等で比較的忙しい時期でもあるので住宅購入を検討されている方は、あらかじめ外構にも目を向けた住宅設計を心掛けることをお勧めします。

-一条工務店, 暮らし
-, ,

Copyright© ライフハックマーケット , 2018 All Rights Reserved.