後付け可能なおすすめディスポーザーメーカーは?

後付け可能なおすすめディスポーザーメーカーは?

皆さんはディスポーザーというものをご存じですか?近年ではマンション等に標準装備されている場合もあり、認知度が徐々に広がってきています 。

ディスポーザーは台所のシンクの下に取り付ける事で生ごみを粉砕処理し排水するシステム又は機械のことを指します。

粉砕したゴミを下水へ流す事で   生ごみ特有の嫌な臭いやコバエやゴキブリといった害虫の発生も抑える  事が可能であり、近年非常に注目されているゴミ処理システムです。


ゴミをいちいち保管しなくていいなんて最高だね!


ディスポーザーのメリットやその他の生ごみ処理法についてはこちらの記事でもまとめてありますので良ければご覧になってください。

最強の生ゴミ対策は冷凍保管!?色々な処理法と比較してみた


メーカー別ディスポーザーのおすすめポイント

以前から生ごみの処理に困っていてディスポーザーの設置を検討はしているけど、正直どこのメーカーを選んだらいいのか分からない!

という方の為に今回は数あるメーカーから人気メーカーのおすすめポイントや値段等々をまとめてみたので参考にしてみてください。

エマソン社 AC105

AC105を販売するエマソン社製のディスポーザーは年間でおよそ600万台生産されており、世界でシェアNO.1を誇る超有名メーカーです。

ディスポーザーは性質上、使用時にミキサーの様にモーター音振動音が大きいのが欠点でしたが、AC105は静穏性と低振動を実現させることに成功し、日本の環境に適したディスポーザーとなっています。

超静か!驚きの静音性

これは実際のAC105の動作音です。聞いていただければわかると思いますが、水の流れる音しか聞こえてきませんし、シンクが振動している様子もありません。

エマソン社 105CCM

AC105と基本性能は同じですが、スイッチの方式がAC105は外付けタイプのスイッチだったのに対し、こちらは蓋がスイッチになっています。蓋を回すことでスイッチのオンオフが可能になるので、外付けのスイッチを設置しなくて済むメリットがあります。

アナハイム社 エコロジック

アナハイム社製のエコロジックは1~3人の少人数で使用するのに適したディスポーザーです。コンパクトなので省スペースでの設置にも適しています。

モーター起動後すぐに高速回転する為、ディスポーザーにありがちな噛み込みトラブルが起きにくくなっています。

また、メンテナンスフリーな製品なので定期的に交換が必要な部品や分解清掃等の手間が無い所も魅力のひとつです。

アナハイム社 ボーンクラッシャー900

名前の通り鳥の骨や魚の骨など、これまでディスポーザーでは噛み込みの原因となる為に投入しにくかった物を業界TOPクラスのハイパワーで粉々に粉砕処理します。

1分間に2700回転の高速回転によってゴミが滞留しにくかったりとハイパワーならではのメリットにも注目です。

これはエコロジックでも同じですが、ボーンクラッシャーは材質に抗菌剤が織り込まれている為、細菌や悪臭の発生を抑える効果があります。

まとめ

今回は特に人気の高い2社のディスポーザーに絞ってピックアップしました。

正直な所AC105エマソン社製の高性能ディスポーザーかボーンクラッシャー900アナハイム製かで迷いますが、日本のような住宅環境においてはAC105に軍配が上がりそうです。

掃除カテゴリの最新記事